自動広告

2018年1月7日日曜日

SNS・Twitter・ブログに写真公開すると撮影場所が分かることも その対策とは(Exif対策)

スマホやデジカメなどで撮影した写真には、画像データの他にも色々な情報が埋め込まれています。特に、危険なのが写真に埋め込まれた撮影場所の位置情報(GPS情報)。

つまり、撮った写真をSNS・Twitter・ブログに公開すると、簡単に撮影場所が分かってしまい、例えば、自宅で撮った写真を公開しただけで、その写真から自宅の場所を特定される危険があります。

今回は、写真の位置情報を確認する方法、削除する方法、スマホで写真を撮るときの位置情報の消し方、写真の位置情報を確認・消去できるフリーソフトを紹介します。


なお、写真の位置情報を消すには、スマホで写真アプリやデジカメを使う前に、GPS機能をOFFにするか、写真アプリの”位置情報がOFF”(位置情報を記録しない)になっているかを確認してください。

また、以前、撮った写真や公開している写真の位置情報を確認して、もし位置情報があれば、Windowsのエクスプローラーなどで削除してください。

なお、写真データには位置情報や、カメラの設定、撮影日時などを記録した領域があり、これはExif(イグジフ)と呼ばれ、写真データに記録された情報をみることができます。


【補足】(2018.1.16追記) 位置情報が自動削除されるSNS・ブログ

大手SNSやブログでは、Exifつきの写真を投稿しても、位置情報は自動的に消去されます。

Facebook、Twitter、LINE、Instagram、mixi
アメーバブログ、メルカリ(フリマアプリ)、 はてなブログ(撮影日、カメラ種類は残る)、 livedoorブログ(設定で変更可)、Seesaaブログ(設定で変更可) 他

参考:
写真の位置情報を消して住所バレを防ぐ方法!GPSオフでも危険
https://securitynavi.jp/2907


■■□――――――――――――――――――――――――――――――□■■

写真の位置情報を確認する簡単な方法 ~Windows標準のエクスプローラー活用

■■□――――――――――――――――――――――――――――――□■■

Windows標準のエクスプローラーで、位置情報などのExifの確認&削除が簡単にできます。

エクスプローラーで、対象の写真を選択した状態で、右クリックメニューの [プロパティ] を開けば、 [詳細] タブで、位置情報、撮影日時などのExif情報を確認できます。



■■□――――――――――――――――――――――――――――――□■■

写真の位置情報などの個人情報の削除 ~Windows標準のエクスプローラー活用

■■□――――――――――――――――――――――――――――――□■■

確認時と同じように、Windows標準のエクスプローラーで対象の写真を選択して、以下の手順で実施すると、写真の位置情報などの個人情報を削除できます。

①写真選択、右クリックで [プロパティ]をクリック

②[詳細]の“プロパテイや個人情報を削除”をクリック

③“このファイルから次のプロパティを削除”をクリック(選択)

④“すべて選択”をクリック

⑤“OK”をクリック




■■□―――――――――――――――――――□■■

スマホで写真を撮るときの位置情報の消し方

■■□―――――――――――――――――――□■■

写真に埋め込まれた位置情報から簡単に撮影場所(自宅等)が特定されてしまう可能性があります。

スマホで写真を撮るときの位置情報の消し方として、次の方法があります。

①一番簡単な方法は、写真を撮るときにスマホの”GPS機能”をOFFにすること

②常に位置情報を消したい方は、スマホの”写真アプリの位置情報をOFF”にしましょう。


ほとんどの写真アプリには、[設定]の中に[位置情報を記録するかどうか]の設定項目があります。

もし、そのような設定項目がない場合には、その写真アプリで撮った写真に位置情報が記録されているかどうか必ず確認してください。

特に、スマホで撮影した写真をSNS等に投稿することが多い場合には、特に注意してください。



■■□―――――――――――――――――――□■■

写真の位置情報を確認・消去できるフリーソフト 「F6 Exif」

■■□―――――――――――――――――――□■■


F6 Exifのダウンロード : Vector
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/art/se427764.html

EXIF閲覧・編集・コピー・削除、撮影日時一括更新、画像の一括縮小、ファイルリネームが可能なフリーソフトです。

フリーソフト「F6 Exif」での”EXIFの表示”、”EXIFの削除”の方法を以下に示します。なかなか便利なソフトです。




■■□―――――――――――――――――――□■■

写真の中に埋め込まれる情報「Exif」とは

■■□―――――――――――――――――――□■■

「Exif」(Exchangeable image file format)には以下のようなものがあります。

・いつ撮影したか
・何のカメラで撮影したか
・どういう設定で撮影したか(絞りやシャッタースピードとか)
・位置情報(緯度・経度・標高・方角、等)

この埋め込まれる情報の中に位置情報が含まれます。緯度・経度の他にも撮影方角まで分かります。


■■□―――――――――――――――――――□■■

位置情報の”GPS”とは

■■□―――――――――――――――――――□■■

GPSとはGlobal Positioning System(全地球的測位システム)と呼ばれる、「位置を知るための仕組み」です。GPSは、地球を回る24個の衛星から発信される電波を利用して位置を計算します。

GPS機能を有効にしていると、写真のExifに記録されます。スマホで撮影する場合や、GPS機能付きのカメラで撮影している場合は注意が必要です。

ただし、GPSデータがExifに記録されること自体は悪いことではありません。撮った場所を管理したり、便利な使い方ができます。問題となるのは、このGPSデータ付きの写真をネット上に公開するときです。

なお、スマホのアプリには”位置情報を記録する設定”があるので、写真アプリを使う前に、必ず、この設定をOFFにしてください。