2018年1月9日火曜日

動画再生ソフト「Flash Player」は最新版にしないと危険な「くせ者ソフト」 その対応とは

ホームページ動画の代表的なデータ形式である「Flash(フラッシュ)」の動画をみるソフトが「(Adobe)Flash Player」です。

Flash Playerは、単独で動くソフトではなく、ブラウザの中で動いているソフトですが、これが、なかなかの「くせ者ソフト」。

Flash Playerは脆弱性(ソフトの弱点)が多いソフトで、必ず最新版への更新が必要です。もし、最新版にしないと、ウイルスが仕込まれた動画を再生したときにウイルス感染する危険な目に会います。

何故、「くせ者ソフト」かと言うと、実は、Flash Playerは「ブラウザ毎に種類があるソフト」。一つのソフトで全てのブラウザに対応できません。具体的には以下です。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

何故、Flash Playerは「くせ者ソフト」か?

①Windows 8.1、Windows10のIE11、Microsoft Edgeには、それぞれFlash Player埋め込み
②ChromeにはFlash Player埋め込み
③Firefoxなどのブラウザにはブラウザ毎にFlash Playerのインストールが必要

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

そのため、Flash Playerを最新版に更新する方法は、ブラウザ毎に違います。Flash Playerを最新版に更新する方法を簡単に言うと、以下になります。

①Microsoft Edge、IE11、は、Windows10、8.1の場合は、Windows Update の更新プログラムで、Flash Playerが最新版に更新されます。
②Chromeの場合は、Chrome自体を更新時に、Flash Playerも最新版に更新されます。
③Firefox、Operaなどのブラウザは、Flash Playerをブラウザ毎に最新版に更新しないといけません。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

なお、(2017年7月に)Adobeは「Adobe Flash Player」の更新と提供を2020年末で終了する計画を明らかにしています。それ以降は、ブラウザの中で、Flash動画の再生が可能になると予想されます(HTMLの最新版HTML5であれば特別なソフトは不要になります)。


■■□―――――――――――――――――――□■■

代表的なブラウザ毎のFlash Playerとは?

■■□―――――――――――――――――――□■■

Flash Playerは、ブラウザ毎にあり、それぞれ違うので注意ください。一つのFlash Playerで全てのブラウザをサポートしているわけではありません!!


[Microsoft IE、Edgeブラウザ]

①Windows 8.1のIE11 (Flash Player埋め込み、インストール不要)

→Windows Updateで自動更新される

②Windows 10 のMicrosoft Edge、IE11(Flash Player埋め込み、インストール不要)

→Windows Updateで自動更新される

③Windows 7 までのIE(Flash Playerのインストールが必要)

→ユーザーによるFlash Playerのインストール及び更新が必要。


[Google Chromeブラウザ]

Chrome (Flash Player埋め込み、インストール不要)

Google Chromeのアップデートで、Flash Playerも自動的にアップデートされますので、Google Chromeを最新版に更新することが必要です。


[Firefoxブラウザ]

Firefox(Flash Playerのインストールが必要)

FirefoxはFlash Player を内蔵していないため、プラグイン(拡張機能)として、ブラウザ毎にFlash Playerをインストールする必要があります。下記サイトを開き、Adobe のサイトから最新のFlash Playerを入手します。

ダウンロードの画面に「提供オプション」が表示されていますが、これは不要なので、全て 「レ(チェツクマーク)」をはずして下さい。

Adobe Flash Player ダウンロード


■■□―――――――――――――――――――□■■

Flash Playerを狙うウイルスが多い! 最新版にしよう

■■□―――――――――――――――――――□■■

Flash Playerの不具合(脆弱性)を悪用する攻撃が多く、特定のフラッシュ動画を見たときに、Flash Playerのバージョンが古いと、ウイルスに感染します。
動画を見る機会が増えています。ウイルスに感染しないよう、Flash Playerを最新版にして下さい。

まずは、各ブラウザのFlash Playerが最新版かどうか確認下さい。次に、最新版でなかったら、最新版に更新して下さい。何か、悩んだ場合は、以下が参考になります。

Flash Player インストールトラブル対処法(Windows)


■まずはFlash Playerが最新版かどうか確認

Flash Playerはブラウザ毎に異なります、使っている全てのブラウザで確認下さい。
使っているブラウザ全てで、下記URLにアクセスしてください。そのブラウザのFlash Playerが最新版かどうか確認できます。



■Flash Playerを最新版に更新する方法

Flash Playerはブラウザ毎に違うので、以下のように、ブラウザ毎に最新版に更新して下さい。

[Microsoft IE、Edgeブラウザ](Windows 8.1、Windows10)

Windows 8.1、Windows10のIE11、Microsoft Edgeは、Flash Playerが内蔵されています。必要な更新はWindows Updateで自動的に配信されますので、Windows Updateを確実に実行することが必要です。

[Microsoft IE](Windows 7)

Adobe のサイトから最新のFlash Playerを入手します。
ダウンロードの画面に「提供オプション」が表示されていますが、これは不要なので、全て 「レ(チェツクマーク)」をはずして下さい。

Adobe Flash Player ダウンロード

[Google Chrome]

Google Chromeのアップデートで、Flash Playerも自動的にアップデートされますので、Google Chromeを最新版に更新することが必要です。

[Firefox]

下記サイトを開き、Adobe のサイトから最新のFlash Playerを入手します。
ダウンロードの画面に「提供オプション」が表示されていますが、これは不要なので、全て 「レ(チェツクマーク)」をはずして下さい。

Adobe Flash Player ダウンロード


(注)FirefoxでFlash Playerを自動更新する方法

ブラウザー内の任意のFlash画面を右クリックし、コンテキストメニューから「グローバル設定」を選択することで、Flash Player が更新される方法を変更できます。ポップアップウィンドウで「詳細」タブを選択し、「アップデート」以下のオプションを選択します。

「Adobeがアップデートをインストールすることを許可する(推奨)」

このオプションを選択すると、自動的にアップデートをダウンロードしインストールします。緊急セキュリティアップデートを知らせることなく自動的にインストールしますので安全です。


0 件のコメント:

コメントを投稿