自動広告

2018年4月3日火曜日

スマホの電話帳バックアップは大丈夫ですか? ドコモの【クラウドサービス】活用方法紹介

スマホのデータの中で大事なものと言えば【電話帳】ですね。この電話帳のバックアップはとても大事。私は、手違いで、電話帳のデータを全て削除してしまい、数時間、半泣き状態でした。

私のスマホはドコモですが、なんとかスマホの電話帳をバックアップしたいと調べた結果、やはり、ドコモの【クラウドサービス】を使うのが、一番簡単で良いと思いました。

しかし、このドコモの電話帳のクラウドサービス、なかなか分かりづらい内容があります。そこで、このサービスについて、電話帳のバックアップの仕組み、復元方法などについて、図解でまとめてみましたので、ぜひ参考にしてください。

スマホの電話帳のバックアップ、データが消えて、私のように泣かないよう、ぜひ、日頃から気をつけてください。


■■□―――――――――――――――――――□■■

ドコモの【クラウドサービス】の仕組み

■■□―――――――――――――――――――□■■

クラウドとはインターネットのこと。つまり、電話帳をインターネットで常に保存し、スマホで電話帳に異常があったとき、簡単に復元するというものです。

①スマホの電話帳をクラウド(インターネット)の電話帳と同じにする(同期する)。

②クラウドの電話帳を、データ保管BOXにバックアップする(月一回)。

*バックアップは3個まで

③スマホの電話帳をデータ保管BOXからクラウドに、次に、クラウドからスマホに復元する。

*①データ保管BOX→クラウド、②クラウド→スマホ で復旧されます。



■■□―――――――――――――――――――□■■

ドコモの【クラウドサービス】を利用しているか確認

■■□―――――――――――――――――――□■■

まずは、クラウドサービスを使っているかどうかを確認しましょう。電話帳の右上の雲のマークで確認できます。

*利用していないときは、雲のマークに「/」が入っています

もし、使っていない場合は、次に説明する方法で、クラウドサービスの利用を開始しましょう。

また、Androidのバージョンアップをした場合には、クラウドサービスが切れる場合があります。そのときも、次の方法で再開しましょう。



■■□―――――――――――――――――――□■■

ドコモの【クラウドサービス】の利用開始方法

■■□―――――――――――――――――――□■■

(注)④は再接続の場合のみ

①電話帳の右上のメニューをタップして[クラウドメニュー]をタップ

②説明が表示されます。「利用する」を選択し、「次へ」をタップ

③注意事項を確認して[了承して進む]をタップ

④(再接続の場合)初回同期方法を選択し、 「OK」をタップ。

*端末の電話帳が正常の場合は、[端末の電話帳を利用]を選択

⑤同期が開始されます。「OK」をタップ。

⑥電話帳の右上の雲のマークが同期状態になる(”/”が消えます)。




■■□―――――――――――――――――――□■■

スマホの電話帳の復旧方法

■■□―――――――――――――――――――□■■

①電話帳の右上のメニューをタップして[クラウドメニュー]をタップ

②[クラウドデータ復旧メニュー]をタップ

③ブラウザの画面でSPモードのパスワード入力、[SPモードパスワード確認]タップ

④[復旧]を選択

⑤バックアップされている中で復旧したい電話帳を選択し[進む]をタップ

⑥電話帳が無事に復旧されているか確認




■■□―――――――――――――――――――□■■

スマホの電話帳の手動バックアップ方法

■■□―――――――――――――――――――□■■

*電話帳を大幅に更新した場合などに利用すると有効です。

①電話帳の右上のメニューをタップして[クラウドメニュー]をタップ

②[クラウドデータ復旧メニュー]をタップ

③ブラウザの画面でSPモードのパスワードを表示

④[手動バックアップ]を選択

⑤[手動バックアップを実行]を選択

⑥復旧メニューのトップの[復旧]を選択し、バックアップ結果を確認





参考:
 「ドコモ電話帳」/クラウドサービスとは | NTTドコモ
 https://www.nttdocomo.co.jp/service/phonebook_cloud/content/

 「ドコモ電話帳」/クラウドサービスの使い方 | NTTドコモ
 https://www.nttdocomo.co.jp/service/phonebook_cloud/usage/

 ドコモ電話帳(ブラウザ版) | NTTドコモ
 https://phonebook.smt.docomo.ne.jp/login.php