自動広告

2017年2月14日火曜日

デジカメの写真からPowerPointで動画を作ってみませんか? その方法を画像付きで紹介

PowerPointはバージョンが2010以降になって、写真からスライドショーの動画作成が、とても簡単になっています。

花見の季節、デジカメの写真をもとに、PowerPointでお気に入りの動画を作るのは楽しいですね。

私は、デジカメで花の写真を撮るのが好きで、この方法で、花の写真をPowerPointでスライドショーの動画を作成し、Youtubeに公開しています。



今回は、私が活用しているPowerPointで写真から動画を作る方法を画像つきで分かりやすく紹介します。 


なお、音楽は、以下のフリーのクラシック音楽を活用しました。
 

 クラシック名曲サウンドライブラリー
 http://classical-sound.seesaa.net/



もし、デジカメで写真を撮るのが好きで、PowerPointの2010以降を持っているかたは、ぜひチャレンジしてみてください。


なお、今回の方法で作成した画像をYoutubeに公開しています。私の大好きな梅の花を動画にしてみました。PowerPointだと画面の切替えを様々なパターンに出来るので、なかなか楽しい動画ができます。

 参考例: (福岡市)大濠公園の梅と菜の花 2017年2月8日
 https://youtu.be/K6AHYBjxqOE




実は、PowerPointでの動画作成、私も長年、PowerPointを使いながら、これに気づいたのが、実は、生徒にOffice2013を教えている時でした。

生徒に教えながら、なんとか楽しく勉強できないかと考えていたとき、動画が簡単にできることに気づき、生徒に”動画でクリスカスカード”を作ってもらいました。



■ PowerPoint2013 動画作成方法(PowerPoint2010でも、ほぼ同じ操作です)


  0. 写真の準備  *画像サイズが大きい場合は画像サイズを縮小
 
       ~フリーソフト「縮小専用AIR」などを活用

         (注)縮小専用AIRのダウンロード&使い方
           http://labo.i-section.net/shukusen-air/


    1. PowerPointで新規文書を作成

    2. フォトアルバムの作成

    3. アルバムのデザインと画面サイズの設定

    4. アルバムの表紙を作成

    5. (必要であれば)不要なスライド(画像)の削除

    6. 画面切り替えを設定

    7. 動画に音楽を追加

    8. スライドショーで動画を確認

    9. 動画を作成 *動画形式は“MP4” (Youtubeにも投稿可能)


作り方をPDFでも紹介しています、以下のGoogleドライブのPDFを参照下さい。

    PowerPoint2013 動画作成方法.pdf - Google ドライブ -
  

以下に画像で紹介します。



























《補足1》PowerPoint2013 特殊効果 操作方法

PowerPoint2013のアニメーション効果と画面切り替え&スライドショーの詳しい操作方法は以下を参照下さい。

    PowerPoint2013 特殊効果 操作方法.pdf - Google ドライブ -
  


《補足2》フリーのクラシック音楽

クラシック名曲サウンドライブラリー
http://classical-sound.seesaa.net/

上記で、素晴らしい クラシックのフリー音楽素材が提供されています。

ここの音楽は、NECのパーソナル商品総合情報サイト[121ware]で紹介されたり、学研の中学生向け参考書の付録CDに収録されているようです。

素材としてならブログやHP、YouTube、ゲーム、番組BGM、CMから大学の映画制作コンペまで、用途にあわせて自由に使えるとのことです(商用可)。

なお、何故、これがフリー音楽素材であるかということが以下で説明されています。これはCDからの音源ではなく、独自の「MIDIによるDTM制作音楽」ということです。

それにしても、聞き慣れた音楽を彷彿(ほうふつ)させる、なかなか素晴らしいクラシック音源になっています。

クラシック名曲サウンドライブラリー About - このサイトについて
http://andotowa.quu.cc/about.html

『そこで「クラシック名曲サウンドライブラリー」では、最新のデジタル技術を駆使して制作した、100%オリジナル音源を毎回お届けしています。わかりやすく言うと、いわゆるMIDIによるDTM制作音楽です。』 (上記の”About - このサイトについて”から)