2016年12月22日木曜日

Chromeを安全に活用するための設定方法とは 一度は確認しておきましょう

Chromeは2016年12月現在は、IEを抜いて世界で最も使われるブラウザで、安全対策が優れたブラウザと言われています。でも、何が安全なの?と言われると、分からないですね。

そこで、今回、Chromeを安全に活用するための設定方法を確認してみたので、紹介します。


これまで、Chromeを何となく使っている人も、一度、今回の内容を確認してみて下さい。改めて、Chromeの安全性を感じると思います。

私の場合は、Chromeはデフォルト(初期設定)で安全なように設定されており、特別な対応は、”同期するデータを見直す”点だけでした。 

なお、Chromeはソフトの弱点(脆弱性、ぜいじゃくせい)が見つかっても、すぐに修正版が発表されて自動更新されるので、常に最新版が使え安心です。

また、自分自身を更新する際に、自分が使う動画閲覧ソフトFlashPlayerも最新版に更新してくれます。FlashPlayerは問題が多いソフトだけに、この機能はとても便利です。

参考:
Chromeのセキュリティとは?安全のための機能と設定法
https://japan.norton.com/chrome-security-5366




■ Chromeの安全設定の確認・変更


メニューから[設定]を選択し、設定画面の下方にある「詳細設定を表示」をクリックして、安全設定を確認・変更します。



■[設定]の[詳細設定を表示]の表示方法

①ブラウザ右上の[3本線マーク]をクリックし、[設定]を選択

②設定画面の下方にある[詳細設定を表示]をクリックします




■[プライバシー]でのセキュリティ設定確認

“危険なサイトやファイルからユーザーとデバイスを保護する”

 に✔が入っているか確認  *最初から✔であればOK



■[コンテンツの設定]でアクセスの許可レベルを確認

Cookie、JavaScript、プラグイン、ポップアップ、現在地情報、自動ダウンロードなどのアクセスに関して、許可レベルを変更することができます。

基本的には推奨されているデフォルト設定で問題ないでしょう。

・ポップアップ
ポップアップとは、最前面に飛び出すようにウィンドウを表示する動作のこと。これの自動表示はデフォルトでブロックされています。

・現在地情報
デフォルト設定では、サイトが現在地情報を利用しようとするたびに、アラートが表示されます。

・自動ダウンロード
複数ファイルのダウンロードに関して、3段階の許可レベルから選択することができます。


■Chromeで同期するデータを見直す

Chromeの同期設定は、パソコン、スマホなどの複数の機器で、様々なデータを同期できますが、パスワードなどを同期した場合、機器が紛失・盗難に会った時に、情報が流出し危険です。

[履歴][パスワード]は、同期の対象からはずしたほうが無難ですね。


①ブラウザ右上の[3本線マーク] をクリックし、[設定]を選択

②設定画面のログインの[同期の詳細設定]のボタンをクリック

③同期の詳細設定のすぐ下の選択窓から[同期するデータ タイプを選択]をクリック

④[履歴]、[パスワード]のチェックをはずし、OKをクリックします。



■Chrome クリーンアップ ツールで迷惑ソフトを削除する

Chrome クリーンアップ ツールは、システムをスキャンしてWebブラウザーの動作の妨げになる、「BrowseFox」、「SmartWeb」、「MySearch123」といった既知の迷惑ツールを削除するツールです。使い方は以下です。

①Chromeクリーンアップツールを起動します。
②自動でシステムのスキャンが始まり、迷惑ツールがあればリストアップされます。
③ [不審なプログラムを削除]をクリックします。
④迷惑ソフトを削除できます。

ツールを終了すると「Google Chrome」の[ブラウザ設定のリセットをする]ダイアログが表示されますが、これには要注意!

Chromeのブラウザ設定に問題がない場合は、[キャンセル]を押してください。

[リセット]ボタンを押すと、インストール直後の状態に初期化され、検索エンジンなどが初期状態にリセット、すべての拡張機能が無効になりますので注意下さい。




なお、このツール、「Microsoft Edge」、「Firefox」などの、「Google Chrome」以外のWebブラウザーに対しても有効です。

 Chrome クリーンアップ ツール ダウンロード
 https://www.google.co.jp/chrome/cleanup-tool/index.html